なんでも (あおい)ちゃんと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140323220931.jpg
かっとビング! それは勇気を持って一歩踏み出すこと!
かっとビング! それはどんなピンチでも決して諦めないこと!
かっとビング! それはあらゆる困難にチャレンジすること!


[アニメ感想]
ゼアル最終回見ました!
最後という事でいつもよりしっかりと感想書いていきたいと思います。
総評とかも書いてたらすっごい長くなったので続きからどぞ!

・遊戯王ZEXALⅡ 146話「絆よ永遠に…かっとビングだぜ、オレたち!!」
サラっと流されたけど、遊馬はアストラルの分身ってかなり衝撃の事実なんだけどもw
時々流れてたあの画面はドンと戦ってる光じゃなかったのね。
これは見事なミスリード。
結局、主要人物の中で一番人間止めてそうなカイトが一番ただの人間だったのか…w

20140323221224.jpg
マスターピース、かっとビングチャレンジ、ブレイビングメモリー。
本当にゼアルのキャラは自分のカード作るの大好きだな!
OCG化する気ゼロのカードなのに効果は意外と熱い攻防向きで面白かった。
過去のOPの曲名や歌詞をもじった口上やカード名も◎!

20140323222633.jpg
しかし、まさか最終回に新No.を2枚も出すとは思わなかった…。
無限の可能性を持つランク0、鋼のメンタルのような強固な耐性。
バトルした相手のコントロールを得る≒デュエルをすれば皆仲間。
あぁ、未来皇ホープは完全に遊馬そのものだね(ニッコリ
ホープドラグーンはホープ的なメカニカルさも合わさってかなり格好良かった。
てか99は苗字的に遊馬に縁深いカードだと思ってたからアストラルが使ったのは意外。

そして遊馬が既に失ってたものは「デュエルを楽しむ心」でした。
結構納得いく内容だったけども、扉が言ってたのは結局アストラルの事らしい?
この辺、時系列も合わなくてちょっと混乱した。
結局、扉さんは何かを得ればいずれそれを失う時が来るって事を言いたかったのかな?
そういえば、カイトも別れは誰にだって訪れるって言ってたし、「出会いと別れ」がゼアルのテーマなのかもしれない。なんだ、代償扉って良い奴じゃん!

20140323221819.jpg
んでヌメロンコードによる全員復活。
これ最初はえぇー…って思ったけど最後の綺麗なベクター見たらなんか許せた。
それに、遊馬の独白中の過去のOPやED絵のアストラルいない版が想像以上に見てて辛かったのでやっぱりハッピーエンドは嬉しい。
てかこいつら全員を相手にしないといけない新たなカオスとやらが可哀相すぎるw

という訳で、3年間続いた遊戯王ZEXALもついに大団円でした。
折角なので総評みたいなのも書いていきたいと思います。


[総評]
・ストーリーについて
最初の頃は子供向け、かっとビングと不安な要素が一杯でしたが蓋を開けてみたら実にいつも通りの遊戯王でした。
5D's:バイクに乗ってデュエルww→ライディングデュエル・アクセラレーション!!
ZEXAL:あの口癖とかねぇわ…→かっとビングだ!俺ぇっ!!
と本当に毎回毎々、遊戯王の魔力は凄いと思います。
20140324235109.jpg
特に印象に残っているのは「逆襲のシャーク」からのタッグデュエルの話。
「笑うなぁぁ!!」は何だかんだでゼアル1番の名言だと思ってる。
あの辺りから一気にゼアルが楽しみになった。


・キャラクターについて
未熟な遊馬が熟練者のアストラルと組んで段々と成長していく。
という組み合わせは今までの主人公達とかなり違っていて中々面白かったです。
長期クールだからこそできる試みだし、実際後半の遊馬の成長ぶりは驚かされた。
一方で序盤の稚拙な戦い方にはやきもきさせられたのでやっぱこういうのは加減が難しい。
遊矢は強くなくても良いので、しっかりと自分のデュエルみたいのをして欲しいですね。
20140324235412.jpg
個人的に好きだったキャラはアリト、カイト、Ⅳ。
どいつも超絶ネタキャラだったくせに最期は超格好良く散っていきやがった。
特にカイトは歴代ライバル枠かと思いきや歴代随一のネタキャラに始まり、Ⅱでは打って変わって良い兄貴分と最後まで最も株が上がったキャラかもしれない。


・デュエルについて
正直、デュエル構成には不満があります。
殆どのデュエルが1ターン目からエースモンスターを出す事に特化しており、そこまでの展開の仕方が非常におざなりになっている点です。
そのせいで主要キャラなのにテーマがほぼ存在しない、なんて事もありました。

自分は遊戯王のOCGは、ごっこ遊びとしての面も高く評価している部分なので好きなキャラのデッキが組めないのは結構なマイナスポイントだと感じました。
ただ、エースを前面に押し出す構成は少ないデュエル回数でそのキャラとモンスターを印象付けるには非常に効果的だったのでその辺は一長一短なのかもしれない。
20140325011232.jpg
ゼアルは一回のデュエルが割と短かったのも印象的ですね。
これに関しては中弛みしなかったので結構良かったと思います。
その分、見ごたえあるデュエルは何度も見る気になるしね。
特に逆襲のシャークと一期ラストの遊馬vsカイトは構成が面白く今でも時々見返します。


・モンスターについて
N0.の100枚設定は絶対無茶だと思いましたが、何だかんだで空き番は20ちょいだとか。
これならWPと漫画版で余裕で埋まりそうな感じ。
それよりも後半はオーバーハンドレッド等、特別感を出すために100枚という設定自体が形骸化してしまっていたのが残念でした。

特にⅡに入ってから折角ランクアップマジックというシステムを導入したのだからもっと既存のNo.のランクアップ後を見てみたかったです。
リバイスのカオスナンバーズ形態を機体していた時期もあったのだw
20140324234831.jpg
個人的に好きなモンスターはやっぱり"No.62 銀河眼の光子竜皇"
何と言っても、自分が遊戯王OCGを始めるキッカケになったカードでもあります。
ペンデュラム環境になったとしても、ずっと切り札として活躍させれるデッキを作りたいです。


20140323220442.jpg
という訳で、ゼアル最終話感想&総評でした
色々と書きたい事書いていたら収まりつかなくなってきましたw
5D'sの中盤から遊戯王に再ハマリした身としては、ZEXALはリアルタイムで最後まで見続け、遂にはOCGに手を出すようになった作品なので一層感慨深いです。
3年間、楽しませていただきました。
次のアークファイブも同じくらい楽しめる作品になったら良いなと思います。
ありがとう、ゼアル。これからはよろしく頼むぜ、アークファイブ!

【2014/03/24】 | アニメ | トラックバック(0) |


Zn
もう、かっとビングや先行は俺だ、ドロー!が聞けないのは寂しいなと思うZnです
(前者は前作のライディング・デュエル アクセラレーションと被るけど)

未来皇と希望皇竜はナンバーズガイド3で付属の可能性があるのが救いだ
(どちらもビヨンドみたいに希望皇ホープとしても扱う効果があれば良いな)
あと、公式サイトで知ったけど、未来皇ってカード名青色なんだけど!
(OCG化で再現してほしい あ、オーバーハンドレッドの例があるから難しいか…)

遊馬は色々と考察されてましたね(ヌメロンコード、ドンサウザンドン アストラルこの3つぐらいの説はあったのは覚えてる)

さて、本題
キャラは色々なところで言われてる様に良い感じに立ってましたし(敵キャラが魅力という意見も見た)
デュエルが残念という意見もあったなー

ただ、ゼアルって放送休止回が多かったからその分放送出来てたらどう変わってたのかなーとヌメロンコード使ってその世界を見てみたいw

自分が好きな台詞というか流れは、遊馬vsトロン戦での「不安で泣きたくて一生懸命だったんだよ!」が一番かな

デュエル内容自体だったら、最終戦のホープがいっぱいなのは好きかな
と思ったけど、熱い戦いが結構あったので、結構好きなの多いw
(ナッシュvsⅣとか、月でのミザエルvsカイト ミザエルvsⅢ&Vとか アリト戦4種とか)

さてと、なんか自分ももうちょっと語りたかったけど、色々いっぱいっぱいなので、かっとビング・アクセラーションして今回のコメントを終わりますね



お楽しみはこれからだ!

From クレナイ
クレナイ
>Znさん
1クールのアニメですら終わると寂しいのに3年ですからねー。
名残惜しくない訳がない!
先行の定番台詞は「先行は俺だ!俺は~を召喚!」になるのかな?
慣れるまで凄く違和感を感じそうw

ナンバーズガイド!まだそれがありましたか!
青字って初めてですよね?
絵柄も大幅変更されそうだし、流石に再現は難しそうです…
レアリティと言えば、カオスオバハンもラグナだけスーレアなのは地味にショックでしたw

ゼアルの敵キャラが魅力的なのはしっかりと背景を持った敵が多いからなのかなと感じました。
後は殆どのキャラが最後には改心したのも大きいかも。
賛否あってもやっぱり後味の良さは大事ですからね!

語り出したら本当にキリが無いのでこの辺にしておきますねw
アークVでも同じくらい盛り上がりたいです!
今から放送が楽しみで仕方ないぜ、俺!!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
もう、かっとビングや先行は俺だ、ドロー!が聞けないのは寂しいなと思うZnです
(前者は前作のライディング・デュエル アクセラレーションと被るけど)

未来皇と希望皇竜はナンバーズガイド3で付属の可能性があるのが救いだ
(どちらもビヨンドみたいに希望皇ホープとしても扱う効果があれば良いな)
あと、公式サイトで知ったけど、未来皇ってカード名青色なんだけど!
(OCG化で再現してほしい あ、オーバーハンドレッドの例があるから難しいか…)

遊馬は色々と考察されてましたね(ヌメロンコード、ドンサウザンドン アストラルこの3つぐらいの説はあったのは覚えてる)

さて、本題
キャラは色々なところで言われてる様に良い感じに立ってましたし(敵キャラが魅力という意見も見た)
デュエルが残念という意見もあったなー

ただ、ゼアルって放送休止回が多かったからその分放送出来てたらどう変わってたのかなーとヌメロンコード使ってその世界を見てみたいw

自分が好きな台詞というか流れは、遊馬vsトロン戦での「不安で泣きたくて一生懸命だったんだよ!」が一番かな

デュエル内容自体だったら、最終戦のホープがいっぱいなのは好きかな
と思ったけど、熱い戦いが結構あったので、結構好きなの多いw
(ナッシュvsⅣとか、月でのミザエルvsカイト ミザエルvsⅢ&Vとか アリト戦4種とか)

さてと、なんか自分ももうちょっと語りたかったけど、色々いっぱいっぱいなので、かっとビング・アクセラーションして今回のコメントを終わりますね



お楽しみはこれからだ!
2014/03/26(Wed) 00:16 | URL  | Zn #-[ 編集]
From クレナイ
>Znさん
1クールのアニメですら終わると寂しいのに3年ですからねー。
名残惜しくない訳がない!
先行の定番台詞は「先行は俺だ!俺は~を召喚!」になるのかな?
慣れるまで凄く違和感を感じそうw

ナンバーズガイド!まだそれがありましたか!
青字って初めてですよね?
絵柄も大幅変更されそうだし、流石に再現は難しそうです…
レアリティと言えば、カオスオバハンもラグナだけスーレアなのは地味にショックでしたw

ゼアルの敵キャラが魅力的なのはしっかりと背景を持った敵が多いからなのかなと感じました。
後は殆どのキャラが最後には改心したのも大きいかも。
賛否あってもやっぱり後味の良さは大事ですからね!

語り出したら本当にキリが無いのでこの辺にしておきますねw
アークVでも同じくらい盛り上がりたいです!
今から放送が楽しみで仕方ないぜ、俺!!
2014/03/27(Thu) 08:48 | URL  | クレナイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。