なんでも (あおい)ちゃんと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエの新作情報が出始めたみたいですねー。
自分も情報が載ってる電プレを買ったりして追ってます。
DSC_0357.jpg
タイトルは「フィリスのアトリエ -不思議な旅の錬金術師」という事で不思議シリーズの続編らしいです。
旅という事はアーシャ、トトリのように色んな場所を転々とする事になるのかな?
ソフィーから数か月後との話なので前作キャラの続投も期待できそうですね!
1464258228496.jpg
フィリスは電プレの表紙がかなり大人びて見えたけど、むしろいつも以上に幼く見える。
今回はゆーげんさんが主人公のデザインなんですね。
相変わらず絶妙なむっちり具合でこれは…素晴らしい。
秋発売という事で今から続報が楽しみです!!


[今日のシャリ―Plus]
2016-06-05-230633.jpg
という訳で今日は「シャリ―のアトリエ Plus」の全体レビューです。
プラチナ取ってから随分時間が経ってしまいましたが、新作アトリエが発表された今が良いタイミングかなと。
黄昏シリーズ総決算!という事でかなり長くなってしまったので続きからどうぞー。

●ストーリー
アーシャ、エスロジがそれぞれ「黄昏という世界での日常」がメインだったのに対し、今作は黄昏そのものが話の主軸になっていたので今まで以上にシリアスな雰囲気。
その割には結末的にはこれで黄昏も少しは良くなるかも?くらいで終わってしまうので少し消化不良に感じます。
けどフラメウの種も絡めた明るい未来を感じさせる終わり方は悪くなかったです。
個人的にはルギオン村に埋めて欲しかったかな?
フラメウと水の王やベルちゃんにあまり関係性が無かったので。

2016-06-05-231213.jpg
そして今作もW主人公性です。主人公による違いはこんな感じでした。
・シャリステラ
 序盤はシリアス気味で周りが全て新キャラなので物語に入り込みやすい。
 調合スキルでサイズが小さい優秀な探索装備が作りやすい。
 戦闘では専用スキルで回数を気にせずアイテムを使用可能
・シャルロッテ
 序盤はドタバタ明るいいつものアトリエ風味。
 ベルちゃんが早めに仲間になるのが過去作プレイヤーには嬉しい。
 ライフタスクがシリーズ経験者向け?(コンテナMAXとか革50個とか)
  専用スキルで今作最大の火力持ちに

総じてロッテの方が経験者向けに感じました。
専用スキル的にもステラ→ロッテの順にプレイした方が快適かもしれませんがそこまで大きな差は無いので好みで選んで良いと思います。
選んだ主人公で大筋が殆ど変わらなかった前作と違い、今作は序盤~中盤にかけて話や仲間がガッツリ変わるので周回前提のゲームデザイン。
個人的にはエスロジくらいの細かいイベントで差異を付けるくらいがプレイヤーには優しいと思うのですがこの辺は塩梅が難しいところですね。

Plusでアーシャとロジーさんが加わり、前作の続投キャラの選別は妥当かと思います。
レイファーやソールさんなんかはかなり予想外だったので驚きました。
主人公(エスロジ)がいないところでも仲良くやってるんだなーと解り嬉しかったり。
ただ、カトラだけは前作に輪を掛けてダメな方に成長していてちょっと擁護できない…。
ていうか、よく目の前の家からボろうと思ったなコイツ。
あとはメルルほどでは無いけど、やっぱり今作からのキャラが割を食った部分も多い。
シャリ―ズが良く「いつかあの輪に入れるといいね」って感じで〆るんですが、プレイヤーとしてはガンガン絡んでいって欲しいですよね、やっぱ。

●調合システム
2016-03-27-021609.jpg
エスロジのシステムに更に1,2要素加えた感じで感触は結構別物。
黄昏シリーズは作品毎にガラリと調合システムが変わっていきましたね。
エスロジが簡単すぎたので、チェイン等頭を使う要素が増えたのは良いですがその分複雑になって取っ付きにくくなってしまった感。
特にチェインはシステムの解放時期が良くなかったですね。
意味を持つのは終盤からなので急に説明されても何が何だかリンカさん。

また、主人公ごとに使える調合スキルに差があります。
殆ど微々たる違いですが、ステラの方がアイテムの作り込みには向いています。
特にスキル効果倍増による1スロエリキシル等はステラでしか作れません。
これは何だか制限されている感じであまり好きになれませんでした。

あとアイテムはシャリ―ズが、武器類はミルカがとそれぞれ別キャラが担当しますが、片方で不足物があるともう片方の所に作りにいかないと行けないのが少し面倒でした。
前作では直で切り替える事が出来ていただけに惜しいです。
切り替え時の「任せてください、ロジーさん!」みたいな掛け合いも協力してる感があって好きだっただけに今作の仕様はちょっと残念。

●戦闘システム
2016-03-06-194422.jpg
エスロジで確立した6人戦闘を更に発展させた感じ。
微妙に意味を成してなかった位置関係が削除され、バースト等の連携要素が強化。
テンポも格段に良くなって、爽快感+派手さは◎
目まぐるしく前衛と後衛が入れ替わるので、より皆で戦ってる感じでよかったです。
ただ、慣れてくると殆どバースト状態で戦ってるので折角色んなところを旅しているのに背景が殆ど青白いままというのは勿体無かった。

あと欲を言えばヴァリアブル・ストライクの後に必殺技へ繋げれれば完璧でしたね。
エスロジの5人連携の後の必殺技が好きだったので。
それと主人公に選ばなかった方のシャリ―は専用コマンドが消えてしまうのも残念。
単純に主人公シャリ―の劣化気味になってしまうので今作にもWドロー的な要素はあっても良かったんじゃないかなぁ。

以下、各キャラ毎に使用雑感です。
総勢12人。ここまで来たらリンカさん(ナナリンカさんでも可)も使いたかった…。
・シャリステラ
専用コマンド"コピー"は資源不足な1週目では心強いですが、2週目以降は空気気味。
ただ、専用アイテムのメテオールがめっちゃ強いです。
威力・範囲・タイムカード発行と攻撃アイテムはこれ一個で最後まで戦える性能。

・シャルロッテ
"ミックス"は思ったよりエフェクトのバリエーションが少なくて少しガッカリ。
専用アイテムが高速使用やデバフ撒きと小回りが利くものが多くて使いやすかったです。
専用アシストはカウンター時にアイテムの自動発動が無くなるのでスキル習得には注意。

・コルテス
アシストによって攻撃・防御の形態が変化する面白いキャラ。
しかしアシストゲージが溜まりにくい序盤では使いにくく、余裕が出る頃には他キャラがお手軽に高火力を叩き出す不遇な兄様。
フィールドバーストのバースト時間延長もくっそ便利なので決して弱いという事は無い。

・ユリエ
継続ダメージ関連のスキルが多く、一見強さが解りにくいけど実は結構な火力持ち。
獣王の札とかの後にぶち込むアンシーンエンドが気持ちいいです。
ユリエもバースト時に超火力アップとフィールドバースト要員としても優秀です。

・ミルカ
攻撃から防御まで何でもこなせるタイムカードの鬼。
特に魔法弱点付与は唯一無二の性能で実は今作トップクラスの支援キャラ。
欠点は範囲攻撃が無いのとバーストが使いにくいくらい(タイムカード1枚につきステ+5)
最高に可愛いし使うしかないんじゃないでしょうか?(超主観)
2016-03-07-040715.jpg
かわいい。

・ウィルベル
タイムカード発行の範囲攻撃や防御無視、果ては回復や支援も可能な何でも屋。
全てが魔法攻撃なのでミルカとの相性も抜群なかなりの優遇キャラ。
ただ、本当に個人的な事だけど、戦闘スタイルはエスロジ以前の方が好きだった。
何で箒に乗るの止めてしまったの…。

・ホムラ
連続行動枠。特にアシストガード後の割り込みは強敵相手の立て直しにかなり便利。
ホム式絶影乱舞でレベル下げも可能なのでボス戦に入れておくと心強いです。
あと被弾時のモーションが超可愛いと思います。

・キースグリフ
ダブルアップを使うとすぐMPが無くなっちゃうおじさん!あれ絶対何かバグってる。
ウィルベルとタイプは似てるけども、こちらは防御より。
フィールドバースト等独自の性能を持ってるけども、焦らしに焦らした最後の加入キャラ
にしては性能抑えめに感じるのが残念。

・エスカ
元はDLCキャラだったらしい。
バースト中もゲージ増加可能なタウゼントフォースが光るがそれ以外は器用貧乏気味。
しかしロジーさんと一緒に前衛にいる場合、必殺FJがWドローに!!
ロジーさんのスキルも相まってセット運用したくなります。

・ソール
まさかの戦闘キャラとして参戦。こちらも元はDLCだったらしい。
連続行動もあり、エスカより高水準にまとまっている器用万能キャラ。
フィールドバースト時に他の2人の周りにもホムンクルスが群がる姿に癒されます。

・ロジー
Plus追加キャラにして実は今作最強の超火力キャラ。
スキルで連続行動、サポートで連続行動、バーストも待機時間短縮と殺る気満々。
高火力なスキルが揃っており、エスカがピンチだと更に火力アップ。
さすが俺達のロジーさんだ!

・アーシャ
Plus追加キャラにして今作最強のサポートキャラ。
バースト中のゲージ増加+タイムカード発行のヒンメルシュルクがとにかく強力。
ヴァリアブル・ストライクも相手のタイムカード全消去とボス涙目のとんでも性能。
バーストバグでアーシャ以外のキャラが弱体化してしまうのが唯一の弱点だったけど、Ver.1.02で修正されて死角無しに。

こんな感じですね。
元DLCの2人は性能抑えめに感じるのに追加2人は自重しなさすぎである。
シャリ―ズ・ミルカ・ウィルベル・ロジー・アーシャ辺りが鉄板の構成でしょうか。
まぁ、今作はスキルの威力がかなり高いのでアイテム一辺倒という感じでもないので自由な組み合わせで裏ボスまで全然大丈夫だと思います。

●BGMについて
細かい内容は以前に行った一言レビューを参照してください。→こっち
質・ボリューム共に文句なしでシリーズ1の満足度でした。
BGM変更で過去作のBGMが全て使えるのも高ポイントです。
特に「sky of twilight」はソフィーだとインストのみだったので最高に嬉しかった。

●その他
テクスチャバグやトロフィーバグなど、致命的なバグが多かったのが残念です。
現在は修正されているので問題ないのですが、発売から一ヵ月、何かアナウンスが欲しかったところです。
あと、バグでは無いけど所々イベントの時系列が前後しているのが気になりました。
フリー期間中ならいつでも発生する弊害だと思うのですが、シャリ―ズの呼称やベルちゃんの魔法使い云々の話が噛み合ってない時があってモヤッとしました。

●まとめ
2016-04-17-033257.jpg
少し愚痴っぽくなってしまいましたが、非常によく出来ておりガッツリ楽しみました。
1月からシリーズを追ってきた身としては、まさにシリーズ集大成といった感じでEDがながれた時には思わず感動しました。
ソフィーのアトリエでアトリエへの熱を思い出し、こうして黄昏シリーズを完走出来て本当に良かった。おかげで最高に充実した3~4ヵ月でした。
ありがとう、ガストちゃん!フィリスのアトリエも楽しみにしてるからね!
あとシャリ―の修正も終わったし、そろそろソフィーのDLCの再開もですね(無茶ぶり)

【2016/06/05】 | ゲーム | トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。