なんでも (あおい)ちゃんと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日取り上げたばかりですが「咲 -saki- Portable」、公式サイトも更新されました。

 咲 -saki- Portable 公式サイト

さらにこちらでは、各キャラの能力の詳細も明らかになりました。
「咲 -saki-」と言ったらやっぱ能力だよねぇ。

 咲-Saki- Portable、登場キャラクターとその"能力"を紹介 ―マイコミジャーナル

能力以外にも各キャラ毎にステータスもあるみたいですね。
これらは設定でon/offでき、純粋に好きなキャラで対局する事も出来るみたいです。
再現度という点では、咲の

・カンをすると嶺上牌から有効牌を引く

というのは流石ですが、龍門渕の井上の

・鳴くと1巡有効牌が引ける
・鳴くと相手に1巡不要牌を引かせる

なんてのもなかなか見事な再現だと思います。

あと加治木さんが能力無いってのもいいなぁ。
確かにこの人は、基礎ステータスが超高いけど能力を持ってないタイプだもんなぁ。
そういえば、普通に考えれば明らかにチートっぽいモモは

・能力発動時全ての演出をカット
・桃子の捨牌に対する行動に時間制限が付く

だそうです。 つまりキャラが写ってリーチ!みたいな演出が無くなるって事かな?
原作の捨牌が解らなくなるレベルの能力だと強すぎるし、原作の破られっぷりからすると
こんなところなのかな。

いやぁ、マジで楽しみだなぁ。
フルボイスだし、キャラ原画も本家だし、原作、オリジナルストーリー両方完備だし。
正直、これほど恵まれてゲーム化されるってのは滅茶苦茶羨ましいですね。

【2010/03/06】 | 雑記 | トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。