なんでも (あおい)ちゃんと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

snapshot20100812184512.jpg

今回の話を2010年アニメベストエピソードにします。

凄い良い話だった。あっという間の30分だった。
途中、ちょっと演出過剰かなと思ったけど最後の会話で見事にもってかれた。
「連れていく」とか「帰ろう」じゃなくて、「いいよ」って言うエイラが何度見ても涙腺にくる。

まぁ2010年まだ5ヶ月近くあるんだけどね



・アバンの超かっこいいエイラ
snapshot20100812164821.jpg
 妙な歌だと思ったら一期6話のサーニャの歌から始まったのとかけてるとか。
 こういうかっこいいエイラ見るとちょっとドラマCDとかでネタ化させすぎだと思う。
 あと一斉にネウロイが破裂するところ、銃じゃなくてタロット上げて欲しかった。
 「オマエの未来は…コレだ」→パリーン!みたいな。うん、やりすぎだw
 

・シールド特訓
 snapshot20100812172341.jpg
 ペリーヌ丸くなったなぁ。この特訓もペリーヌの発案っぽそうだし。
 まぁマジメな話、エイラからすれば当たる未来見えてるんだし受けるのも怖いよなぁ。
 ゼロシステムみたいなもんでしょ?(違
 しかしいきなりヘッドショットとか容赦ねぇw
 

・枕はよけれないエイラ
 snapshot20100812164532.jpg
 諦めたら?ってのも一期6話の宮藤の会話が絡んでるのか、こまけぇ。
 何か物足りないと思ったらアレだ。
 エイラがシャーリー達に「お前が悪い」って言われるようなシーン欲しかった。
 ちなみに枕をサーニャにプレゼントする話はラジオでやりました。
 本編で…やろうよ…。
 

・ブースターとか高高度戦とか
snapshot20100812163241.jpg
 なんで宮藤はバルクホルンのコート着てるんだよww
 でもまさか冬服が見れるとは思ってなかった。
 あと芳佳が空気読みすぎてた。
 ここは多少強引でも、宮藤の代わりじゃなくてエイラが自分で行くと決めたのが良い。


・高度3万mの世界
 snapshot2010081217164132.jpg
 ここで「sweet duet」のアレンジがくるのか…。
 場面と合ってたし、何より宇宙の無音と挿入歌を合わせたのが巧い。
 あと声伝えるために顔くっつけるのがロマンがあっていい。
 しかしついに宇宙か、ウィッチ万能すぎる。


「ウラルの山に手が届きそう…。このまま、あの山の向こう
まで飛んでいこうか」

「いいよ。サーニャと一緒なら…私は何処へだって行ける」
snapshot20100812171254.jpg

 ともかく今回はここの会話がめちゃくちゃ琴線に触れた。
 サーニャの思わず出た希望みたいのに対するエイラの答が表情と台詞に全部出てた。
 そんな風に自分の為なら全て投げ出しそうなエイラを見てサーニャが謝って皆の所に
 帰ろうって言ったのはサーニャの成長みたいな。
 この2人の会話は一杯あるけど、ここはくるものがあったなぁ。




エイラ→サーニャってのは一期やドラマCD、小説でも散々出ていた部分なので今回、
サーニャ→エイラが前面に出ていたのがよかった。
最後の会話はキャラ補正抜きにしても絶賛したいところです。


次回は「モゾモゾするの」。
ちくしょう、娘typeでは「コッチネッラ大作戦」だったからマジメな回だと思ってのにw
ちなみにコッチネッラはイタリア語でテントウ虫らしいです。
テントウムシっぽいネウロイ出てたんで間違ってはないかw


[オマケ]
今回のアイキャッチ
魔道針風の冠がイイ味出してる、が今回とか見ると配役は実は逆な気がする。
snapshot20100812165821.jpg

【2010/08/12】 | アニメ | トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
言葉はいらない―
2010/08/12(Thu) 22:06:34 |  wendyの旅路
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。